2017年7月28日金曜日

スタッフ紹介 ちょろ

今年から新しくきみっしょんのスタッフメンバーとなりました,小薗江 幹太です.
別名「ちょろ」です.本名が難しいので,皆さんは別名の方で呼んで下さい.
初めてで至らぬ点もあるかと存じますが,何卒よろしくお願い致します.
富士山の偉大さに圧倒され,控えめにお辞儀をしている場面です

自己紹介
 早稲田大学基幹理工学部修士1年で,研究室は廣瀬研究室です.
 スポーツは正直そこまで得意ではないですが,高校と大学では「競技用ボート」をやっていました.去年のオリンピックで羽根田選手がカヌーで日本人初のメダルを獲得したことは記憶に新しいですが,僕がやっていたのはカヌーではなくボートです.競技用ボートを簡単に説明すれば,井之頭公園にある手漕ぎボートの座る部分が可動式で,腕だけでなく足も使って進めるようにしたものです.よくわからない?みんなにもそう言われます.ただ,水の上を滑るように風を切り進むあの快感は,ボートでしか味わうことができないということだけは,自信を持って言えます.
 趣味と呼べるかは疑問ですが,ゲームが好きです.一概にゲームと言っても様々な種類があります.僕は特にRPGやアドベンチャー,シミュレーションなど,ストーリーを持ったゲームが好きです.まるでその世界に自分が存在し,自分が物語を進めているような感覚になれるのは,ゲームというコンテンツが持つ没入性の高さならではの現象ではないでしょうか.ゲーム好きの流れで,歌詞の入っていない曲,いわゆるBGMを集めることも好きです.研究しているときなど,集中したいときによく聞いてます.
 皆さんにお会いした時は,
皆さんが好きなことについてのお話もたくさんしたいです!
研究紹介
 一言で言うと,「高効率太陽電池に使われる素材の研究」です.
 皆さんは太陽電池がどのように電力を生み出しているか知っていますか?太陽から降り注ぐ光は様々な色の光で構成されます.太陽電池はこれらの光を吸収するような物質で覆われており,吸収した光によって物質中の電子が動き回るようになります.そして動けるようになった電子が電流として取り出され,電気が流れるようになるのです.小学生の頃,虫眼鏡で太陽の光を集光して色々な色の折り紙に当てる実験をした方もいるかと思います.この時,黒い紙が最もよく燃えたのを覚えていますか?これは,黒い紙の塗料に様々な光を吸収してしまう素材が使われていたためだったんです.
 もちろん,この素材を太陽電池に使うことはできません.光を吸収して燃えてしまっては,電気を作り出すことなんてできませんよね.なので,光が当たっても燃えず,ちゃんと電気を作ってくれる素材を太陽電池には採用する必要があります.また,太陽電池を人工衛星に使う場合,宇宙には光の他にも様々な粒子(爆発した星の欠片など)が飛び交っていることを考慮する必要があります.これら粒子は太陽電池にダメージを与える可能性があるため,より強い素材を用いなくてはならないのです.宇宙でも使える程強靭な上,効率が十分高い太陽電池を作るには,どんな素材を使うべきなのか.自分は,そんな太陽電池の素材について研究をしています.
国際宇宙ステーションISSに使われる太陽電池

意気込み
 きみっしょんでは,皆さん自身で問題を見つけ,その問題を解決するために何をすればいいのかを皆さん自身で考えてもらいます.これはまさに研究の第一歩だと思われます.皆さんにはこの第一歩を面白い,楽しいと感じて踏み出してもらいたい.
そのために,限られた時間ではありますが,全力でサポートさせて頂きます!

ちょろ

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。