2017年7月5日水曜日

スタッフ紹介 しゅう

今年からきみっしょんをさせてもらいます、修士1年の大西崇介です。 「しゅう」って呼ばれると喜びます。
kimission_onishi.jpg
六義園で「雅」を意識して撮った写真です。どこ見てるんでしょうね(笑)

【自己紹介】
こんなところに「これだっ!!」と書ける趣味とかあればいいな~と思いながら22年生きてきましたが、未だにそんなものは見つからないです(笑)飽き性で、ほんとに時期ごとに趣味が変わるんですよね。
大学二年くらいから映画見るのがすごく好きになって、ミステリー映画を中心に、ネット上で評判の映画を調べてはレンタルしてきて観る、というサイクルを一番多いときで週5回くらい繰り返してた時期もありました。映画監督で言うとヒッチコック、スコセッシ、ポランスキーあたりが多かったですね。
と、これだけ夢中になって観てた映画も大学三年くらいでぱったり観なくなってミステリー小説の方に移行しました。綾辻行人、島田荘司あたりが大好きです!
なので、ミステリーが好きな人、ぜひぜひ論議を交わしましょう!!(笑)
あ、あと散歩も好きで、どんな町並みであれ、景色を見ながら歩いてるのがほんとに好きです。

【研究紹介】
僕が所属している研究室は宇宙物理学系の、中川研究室( http://www.ir.isas.ac.jp/~nakagawa/research/index.html )です。JAXA は JAXA でもロケットの研究はしていません(笑)
ざっくりと言えば、宇宙にあるものを赤外線を使って見てみよう、という研究室です。

そんな中で僕は、銀河の中心にあるブラックホールの周辺について研究をしています!(といっても入学したばかりなので手探り状態ですが)

もう少し詳しく言うと、銀河の中心にあるブラックホールの周りがどんな構造をしていて、どんな動きをしているかを、そこから出ている赤外線を使って調べる、という内容です。
↓ こんな感じのイメージがあったりしますが、実はまだ、ほんとにこうなっているのか、詳しく調べられてなかったりするんです。
agn.jpg
NASA/JPL によるブラックホール周辺のイメージ (http://www.astro.gsu.edu/AGNmass/)

ブラックホール、って聞くと何かすごく難しいことをやっているんじゃないか、と思うかもしれませんが、その周辺を見て調べる原理自体は、実は驚くほど単純です。
このあたりの天文的な話をしたい皆さん、ぜひ話しましょう!!

【意気込み】
熱い思いを持って来る人にも、そうでない人にも、宇宙に関わることの楽しさ、大変さ、そしてその中にある達成感、その他諸々、、、色んなものが少しでも伝わればいいな、と思います。僕も楽しむので、皆さんも目いっぱい楽しんでやりましょう!


しゅう

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。